しょうちゃんのつれづれ日記

日々のお仕事、趣味の将棋と音楽関連(ピアノ・作曲)、読んだ本の感想および社会問題や国内外の政治・経済等に対する批判的な論評(ショウノミクス)などの内容が中心になります。

お仕事関係

卒業式

本日は、私にとってこの大学での初めての卒業式でした。新型コロナの影響で、恒例の体育館での全体式は中止になりましたが、学科毎に講義棟の教室で行われました。学長の祝辞がビデオで配信され、卒業生の方々に証書が授与されました。皆さん、卒業および修…

春休みの期間中の予定変更

春休みに入ってからは少しずつ研究を再開していたのですが、授業準備の時間をかなり浸食していて、このままでは新学期の予習が終わりそうもないため、一時中断することにしました。次年度は担当コマ数が非常に多く、新規の数学科目も多数あるため、春休み中…

「話すだけで書ける究極の文章法(野口悠紀雄)」

こちらも間隔が空いてしまいましたが、「しょうちゃんの読書日記パート35」は、先日図書館で借りて読んだ「話すだけで書ける究極の文章法 (野口悠紀雄)」です。私が音声入力(口述筆記)を試してみようと思ったのはこの本がきっかけで、仕事では定型文書や長…

2019後期を振り返って

2月上旬に後期授業が終了しました。トータルで考えると異動して良かったと思いますが、今学期を振り返ってみるとやはり大変で、疲労がなかなか抜けない感じです。その理由としては1.着任翌日から講義で、準備期間がほとんどなかったこと(前任校では1ヶ月…

GPU版TensorFlowのインストール

後期の授業が終わったこともあり、本日はグラフィックボードを積んだデスクトップPCにGPU版TensorFlowのインストールを行いましたが、今回からはUbuntuの利用を止めました。Python(Anaconda), TensorFlow, CUDA Toolkit, CuDNN, VC++(VS)等のバージョンを揃…

ブラヒロシ第6段<一年ぶりの松山出張>その2

愛媛大学での研究集会は午前中で終了したのですが、帰りのスケジュールの関係で、今年も道後温泉に入ることが出来ませんでした(外から見るだけ!)。来年?に持ち越しです。

愛媛大学(松山市)への出張(ブラヒロシ第6弾)

こちらも久しぶりですが、ブラヒロシ第6段は1年ぶりの松山出張です。赤潮研究集会への参加と講演発表で、本日から1泊2日の予定で愛媛大学に来ています。 昨年は飛行機でしたが、今年はスーパージェット(高速船)です。海が荒れており波が高く、ものすごく揺…

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。昨年後期から大学を異動して、総合的に見れば良かったと思いますが、新規科目が多く、授業準備で手一杯な感じです。微分積分や線形代数などの基礎数学、大学院も含めた統計科目は何とか…

建築工学科の卒論中間発表

久しぶりの投稿になりますが、本日は所属する建築工学科の卒研中間発表会があり、空き時間にちょこっと見に行きました。建築では設計分野があり、模型など非常に興味深かったです。前任校では生物学や統計学、語学や体育などの教員が集まって旧教養部の現代…

異動のご挨拶

2019年度後期から広島工業大学工学部建築工学科に異動することになりました。鹿児島大学在職中はいろいろとお世話になり、深く感謝しております(皆様に厚くお礼申し上げます)。鹿児島大学では、水産学部時代は水産資源解析学、共通教育センターでは基礎統…

前期の採点作業がなかなか終わりません

お盆休みは、帰省先で大量!の期末試験とレポートの採点に格闘?することになりそうです。昨日(8/9(金))夕方のピアノリサイタルのために、水曜日、そして木曜日と採点を中座?して、ピアノの練習に出かけてしまったため、こうなることは分かりきっていたの…

前期の期末試験およびレポート採点について

私の勤務校では今週後半から来週にかけてが前期の期末試験週間になっています。試験答案数百枚およびレポート数十枚の採点を短期間で行わなければならず、お盆休みを全て返上しても終わるかどうか非常に微妙な感じです。試験が終了した科目、そしてレポート…

教員研究室の温度について

仮移転先の教員研究室は日光が直射するため、冷房を付けないと、すぐにこのような温度になってしまいます。

統計学とデータサイエンスの違い

本日は統計学とデータサイエンスの違いについて考えてみたいと思います。私が以前に感じていたのは、入力を1単位変えた時の出力の変化の度合いが分かるという要因分析やルール抽出が可能なのが統計学、という考えです。流行の深層学習は予測性能が高いがブラ…

ブラヒロシ「第5弾」(九州大学日新プラザ)

こちらも間隔が空いてしまいましたが、連載シリーズ「ブラヒロシ第5弾」は、福岡市になります。本日は「データサイエンス教育に関するシンポジウム」参加のため、九州大学日新プラザに日帰り出張してきました。九州地区を中心に十数校のデータサイエンス教育…

研究室(仮移転先)の後片付けが終わりました

教員研究室(仮移転先)の引っ越し後の後片付けも終わり、ようやく綺麗!になりました。今回は禁じ手?(ではなく、大学の規則で認められている合法的!な手段です)を使い、研究費で雇用した単発のアルバイトの方々に手伝っていただきました。私の「初年次…

教員研究室の引っ越し

ここのところ1ヶ月余り、あまりのバタバタで全く投稿出来ませんでした。先週は建物の改修工事のため、教員研究室の引っ越しを行いました(当分の間、仮移転先で過ごす予定)。ただ、荷物の片付けはこれからですし(下段の2枚は搬入前の写真です)、ネットが…

ブラヒロシ「第4弾」(水産技術開発センター)

昨日は日帰りで水産技術開発センター(鹿児島県指宿市)に行っていました。どこも観光していないので、こじつけになりますが、大好評連載シリーズ?「ブラヒロシ」の第4弾にしたいと思います(今では本家のブラタモリよりも有名かも(笑)…)。 用務は赤潮調査…

Mathematica講習会

本日は、毎年一回恒例?になっている数式処理ソフトmathematicaの学内講習会を受講しました。 以前は頻繁に使用していたのですが、近年は年数回程度しか利用しないため、知識をさび付かせないためにも、このようなトレーニング?の機会は重宝しています。P.S…

Dropboxの無料プランで台数制限導入

本年3月からDropboxの無料プランで同期可能なデバイス(PC, スマホなど)が、3台までに制限されることになりました。規約改正を全く知らず、送られてきた警告メールで気付きました。 慈善事業でないため、やむを得ないのかもしれませんが、やはりショックが…

大教室での統計学授業

本日の授業は、マイク利用の大教室(収容定員216名)です。 統計学の授業で百数十人というのは、講義形式でソフトウェア演習を行わないにせよ、少し多すぎるような気がします。 愛用のスヌーピーのバッグも経年劣化でよれよれになり、昨年度限りで引退予定!…

2019年度(もうすぐ令和元年!)の前期授業が始まりました

今週から前期授業が始まりました(写真は授業前の無人教室での準備風景)。 本年度は水産資源学などの専門科目と数学の講義が減る一方、学部1年生対象の初年次セミナー(レポート作法やプレゼン手法などが主なテーマの学部混在型クラス)の授業が増えました…

所属長I教授の最終講義

本日は、私が現在所属する組織の長で本年3月をもって定年退職されるI先生の最終講義がありました。 先生は修士修了後に奉職されたそうで、40年余りの長期にわたり教育研究に従事されてきたとのこと、大変お疲れ様でした。 先生のご専門は体育学のため、最終…

共同研究者の来訪について

一昨日(3/13(水))から昨日(14(木))午前中にかけて、水産研究所のS波さんが訪ねてきました。ちなみに、私が以前に在籍していた職場の同僚になります。サメ類の体長組成データに基づく年齢査定の相談に乗るという名目ですが、ここ数年は年1回くらい来られ…

JAFICの研究者来訪

一昨日(2019/2/21(木))の午後は、JAFIC(一般社団法人漁業情報サービスセンター)のSさんとOさんが訪ねてきました。 昨年度から覚書(共同研究契約)を取り交わして、直面する課題に取り組んでいます。 今回はJAFICが開発している漁場探査システムなどにつ…

広島県職員3名の方々が来訪されました

本日午後は、広島県立総合技術研究所の研究員3名の方々が訪ねてきました。 昨年末に日経新聞に掲載された私の研究内容の記事を見て、人工知能や深層学習の応用分野に興味を持たれたそうです。 広島県では、工業や農業、林業や水産業などの8つの研究センター…

後期授業終了(期末シーズン)

私が本学期に担当している授業は、すべて終了しました。ただし、これから大量の期末試験および長文レポートの採点が待っています。三連休がつぶれてしまうのは仕方がないにせよ、デッドラインまでの短期間で全部終わらせることが出来るかどうか、非常に厳し…

漁獲効率解析に関するミニワークショップ(研究会)開催

本日(2019/2/4(月))と明日(2/5(火))午前中の計1日半、東北区水産研究所(八戸・塩釜)および日本海区水産研究所(新潟)から6名、鹿児島県水産技術開発センターから2名、合計8名の方々が来訪され、漁獲効率解析に関するミニワークショップ(研究会)を行…

勤労統計の不適切調査問題について

今回も間隔が空いてしまいましたが、本年最初のショウノミクス(Vol.79)は、世間を騒がせている?毎月勤労統計の不適切調査の問題を取り上げます(冒頭にピンポイント解説を付けます)。 東京都の従業員500人以上の事業所は全数調査が必要であるにもかかわ…

愛媛大学赤潮研究シンポジウム2日目

標本数よりも未知パラメーター数が多い場合の統計手法およびディープラーニングを利用した八代海の赤潮予測事例を紹介したのですが、それなりに興味を持っていただいたようで、正直ホッとしました。今回は招待で旅費や宿泊費を出してもらっていたため、最低…