しょうちゃんのつれづれ日記

日々のお仕事、趣味の将棋と音楽関連(ピアノ・作曲)、読んだ本の感想および社会問題や国内外の政治・経済等に対する批判的な論評(ショウノミクス)などの内容が中心になります。

消費税率アップに伴う食料品等の軽減税率について

消費税率アップに伴う食料品等の軽減税率について、加工食品を含める方向で調整との新聞記事を拝見しました。この方法が最善かどうかはともかく、財源はいくらでも捻出できると思います。'4千億円!"というのは消費税増税分の予定収入のうちの使途未定額というだけのことです。仮に政党助成金を廃止すると320億円浮きます。また、法人税率引き下げを中止すれば1%につき約4600億円節約できます。アベノミクスに代わり注目されている(と私が勝手に思い込んでいる?)"ショウノミクス"によると、減税分は設備投資や給与に殆ど回らず多くが企業の内部留保になるはずです。加えて外形標準課税の導入となれば、大企業優遇(中小企業イジメ)との批判は免れないと考えます。