しょうちゃんのつれづれ日記

日々のお仕事、趣味の将棋と音楽関連(ピアノ・作曲)、読んだ本の感想および社会問題や国内外の政治・経済等に対する批判的な論評(ショウノミクス)などの内容が中心になります。

就職活動の解禁日変更など

就職活動における実質選考開始日の2ヶ月繰り上げ(8/1→6/1)が決まったようです。メディアでは賛否両論様々な意見を取り上げており、総理も総勢12人の学生らを官邸に招いて意見交換を行ったようですが、重要な点は果たしてこれらの意見が代表性を持つのかということ、定性的な調査よりもむしろある程度のサンプルを集めての定量的な分析が必要ではないか、と考えます。
最たる例が、安保法案等の報道姿勢に表れており、朝日や読売、産経などの新聞社は街の声や識者のインタビューと称して、自社の見解に近い意見を大々的に載せていたように感じました(日経が比較的中立だったかも…)。個人的には、このようなミスリードの可能性を持つ情報操作?は慎むべきであり、新聞社の主張は主に社説において行うべきではないか、と思います。